アイス

【アイス豆知識】アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの違いは?代表的な商品 例も紹介!

スーパーやコンビニでつい買ってしまうアイス。夏だけではなく一年中食べる人もいるスイーツですが、実は規格によっていくつかに分類されているのは知っていましたか?

アイスミルク」や「ラクトアイス」など聞いたことはあるけど、何がどう違うか説明できる人は少ないと思います。

そこで今回はアイスの種類の違いについて調べてみました!

アイスクリームとは

アイスクリームとは、牛乳などを原料にして冷やしながら空気を含むように攪拌しクリーム状にして凍らせたお菓子です。日本では「アイスクリーム」製品の規格を「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」で規定しています。

日本でいう「アイス」=「アイスクリーム類」とは、乳又はこれらを原料として製造した食品を加工し、又は主要原料としたものを凍結させたものであつて、乳固形分三・〇%以上を含むもの(発酵乳を除く。)をいいます。

アイスクリーム類は「アイスクリーム」、「アイスミルク」及び「ラクトアイス」に分類され、それぞれ成分規格は次のようになります。

種類別 乳固形分  うち乳脂肪分 細菌数 大腸菌群
アイスクリーム 15.0%以上 8.0%以上 10万以下 陰性
アイスミルク 10.0%以上 3.0%以上 5万以下 陰性
ラクトアイス 3.0%以上 5万以下 陰性

また、この他に氷菓があり乳固形分はラクトアイス以下か入っていないものを指します。

アイスクリーム

アイスクリームは乳固形分、乳脂肪分ともに多くミルクの風味が強く濃厚でコクがあります。代表的な商品は「ハーゲンダッツ(バニラ)」や「森永乳業 MOW(バニラ)」などあがあります。

シンカンセンスゴイカタイアイスでおなじみのあの「スーパープレミアムアイスクリーム(バニラ)」もアイスクリームに分類されます。全体的には高級感のあるアイスといったイメージです。

https://coolmochimochi.com/shinkansensugoikataiaisu-sujahta-super-premium-ice-cream/

アイスミルク

アイスミルクは牛乳と同程度の乳脂肪分のため「アイスクリーム」よりややあっさりとした味わいが特徴。代表的な商品は「ジャイアントコーン」や「雪見だいふく」などがあります。

パリパリチョコとしっとりビスケットサンドが美味しい森永製菓の「パリパリサンド」もアイスミルクに分類されます。乳脂肪分の少なさを補う分、植物性脂肪分を使っています。

https://coolmochimochi.com/morinaga-pariparisand/

ラクトアイス

ラクトアイスは乳固形分が一番少なく、乳脂肪分の基準はありません。比較的さっぱりめですが、乳脂肪分の代わりに植物性脂肪分を使っていることもあります。代表的な商品は「明治エッセルスーパーカップ 超バニラ」や「」などです。

新商品の「スーパーカップ 紅茶クッキー」もラクトアイスに分類されます。乳脂肪分はありませんが、植物性脂肪分が9.5%もありこれが美味しさと安さの秘密につながっていると思われます。

https://coolmochimochi.com/meiji-supercup-tea-cookie/

氷菓

氷菓は乳固形分がラクトアイス以下か、入っていないものです。果汁やシロップを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。アイスというよりは氷を食べてる感覚のほうが近いかもしれません。代表的な商品は「ガリガリ君」や「サクレ」などがあります。

まとめ

  • アイスクリーム:乳固形分が15%以上、うち乳脂肪分8%以上でミルクのコクがあり濃厚
  • アイスミルク:乳固形分が10%以上、うち乳脂肪分3%以上であっさりな感じ
  • ラクトアイス:乳固形分が3%以上ですっきりな感じ
  • 氷菓:乳固形分がほとんどなくほぼ氷

みなさんもアイスを食べる際は裏面の成分をみて違いを楽しんでみてください。

ABOUT ME
すしまる
グンマー在住の会社員。アニメや声優、旅行などが好き。 好きなアイスや買ったもののレビューなどしています。