※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
家づくり

【注文住宅】後悔しないビルトイン食洗機おすすめ3選

僕が嫌いな家事ランキング第一位の食器洗い。食洗機があれば自動で洗えるのですが、今のマンションだと置く場所ないので家を買ったときには絶対付けたい設備です。

しかし最近は国内・海外とたくさんのメーカーからいろんな種類のものが出ていますが、結局どれがいいかわかりづらいですよね。

そこで今回はビルトイン食洗機の3社のおすすめをまとめてみました!

僕も現在、注文住宅を購入して建てようとしているところなのでこの機会に調べてみました。この記事を読めば、各社の性能や価格が比較できますのでぜひ参考にしてみてください!

選定基準(重視するポイント)

僕が選ぶ基準としたのは洗浄力、大容量、省エネの3つです。

洗浄力

食洗機を購入するうえで絶対気にしないといけないのが、汚れがきちんと落ちるかということ。僕はまだ食洗機の使用経験がありませんが、汚れが落としきれず結局食洗機の後に手洗いなんてことも聞いたことがあるので洗浄力が高いとされるものを選びました。

大容量

これはよく聞く後悔ポイントですが、家族の人数ピッタリ分のサイズだと1日に何度も食洗機を稼働させる必要があるようです。せっかく購入するならより便利に使うため回数は少ない方が良いと思うので、大容量のものを選ぶようにしました。

省エネ

食洗機を使用するなら電気代と水道代も気になりますよね。水道代は手洗いより節水できるとききますが、乾燥機能や高温洗浄がついていると電気代が結構かかりそうなのでなるべく省エネルギーなものを選ぶようにしました。

それでは、おすすめを見ていきましょう。

Panasonic NP-45MD9S

一つ目はPanasonic NP-45MD9Sです。こちらはドアパネル型ですが、ドア面材型(末尾がW)もあります。Panasonicは総合家電メーカーでシステムキッチンや住宅も手掛けているので食洗機の歴史も長く技術力も高いです。

この製品の良いところは50℃以上の高温・高圧水流で洗うと同時に、食器の除菌もできるということです。また、スライド式の深型タイプのため6人分(48点)収納でき、シリコンカップなどの小物をセットできるカゴもついています。さらにAIエコナビという節水と省エネを自動化するソフトが搭載されているため、食器や汚れ、室温に合わせて乾燥時間やすすぎの回数、加熱量を抑えて運転することができます。

残念なところは、上段のものがきれいになりにくいことです。シャワーヘッドが底面一か所のみで、皿なとがあるとシャワーから遠い上段には水が届きにくいため置き方に工夫が必要なようです。また、音はそれほど静かではないようですが割り切って使えば満足度は高いと思います。


Rinnai RSW-F402C-B

二つ目はRinnai RSW-F402C-Bです。こちらは化粧板がブラックとなっていますが、シルバーのものやオプションでホワイト・ベージュもえらべます。Rinnaiはガス給湯器やコンロなどで有名ですが、食洗器では国内唯一のフロントオープン式を販売しておりPanasonicと並んで人気メーカーとなっています。

この製品の良いところはフロントオープン式のため大容量で8人分(56点)収納でき、鍋やフライパンなどもはいります。フロントオープンなので上下段のカゴをそれぞれスライドで引き出せるため使いやすく、上下それぞれにシャワーヘッドがついているため上段もしっかりと洗浄できます。また、節水性にも優れ、手洗いや従来機種よりも水の使用量を大幅に削減できます。

残念なところは、化粧パネルだと安っぽく見えてしまう点です。システムキッチンとして取り扱っていないため、標準のパネルだと少し安っぽく見えてしまうのでシステムキッチンメーカーと合わせた面材を選ぶ必要があるようです。見た目を除けば全体的に満足度は高いのであまり問題ないかと思います。


BOSCH SMI4ZDS016

三つ目はBOSCH SMI4ZDS016です。こちらは幅60cmのタイプとなっていますが、国内の標準的な45cmサイズのSPI6ZDS006もあります。BOSCHはドイツの家電メーカーで、食洗器では世界売上No.1となっているメーカーです。

この製品の良いところはフロントオープン式で60cmなため4人1日分の食器(約84点)が入る大容量なところです。これに限らずBOSCHの製品はすべてフロントオープン式となっているため大容量が魅力です。また高温高圧洗浄なため予洗いなしでしっかり洗え、ゼオライト・ドライで素早く乾燥もできます。また、運転音がとても静かな点もあげられます。

残念なところというか気を付けないといけないのが、大容量で高さがあるためドアの開閉分の通路幅を確保する必要があります。キッチンとカップボードが向き合っているペニンシュラ型だと通路幅を考慮しないと使いずらくなってしまうと思います。また、海外製のため200Vの電源がない場合工事が必要です。大容量で海外製ということもあり国内の取扱店が少なく価格が高く昨今の供給不足で入手しずらい点もマイナス要因ですが、性能的にはすごく良いのでこういったところを考慮できればかなり便利だと思います。

ボッシュ家電サイト

まとめ

NP-45MD9S RSW-F402C-B SMI4ZDS016
メーカー Panasonic Rinnai BOSCH
開閉方式 スライド式 フロントオープン式 フロントオープン式
容量 6人分(48点) 8人分(56点) 12人分(84点)
運転時間目安 103分 130分 105分
最大消費電力 675W 930W 1700W
参考価格(価格.com) 104,280円 98,710円 353,000円

今回はビルトイン食洗機の3社のおすすめをまとめてみました。僕もまだ購入していませんが、僕の場合は注文住宅でPanasonicのシステムキッチンを導入予定なのでPanasonicの食洗機を購入する予定です!ただし、BOSCHなどの海外製も大容量で魅力的なので200V電源だけは用意しようと思っています。

気になった方は是非参考にしてみてください。
本記事で快適な暮らしの手助けになればうれしいです。

ABOUT ME
すしまる
アニメ・ゲーム・声優のこととか、家づくりや買ってよかったものなどの発信しています。アイスが好き。